「赤十字みんなの防災キャンプ」を学生が学会で発表しました(2016/8/26-27)


 8月26日(金)・27日(土)福岡県久留米市で開催された、日本災害看護学会第18回年次大会・交流集会にて、『秋田発・防災キャンプから地域防災力向上を図る取り組み-「赤十字みんなの防災キャンプ」を通して成長する学生たち-』と題して、本学学生5名が発表しました。  
 また、学会後には熊本地震被災地支援テントプロジェクトに携わった災害ボランティアや、アウトドアメーカーの皆さまと交流し、「奥日田キャンプ場」でキャンプをしながら熊本地震の現状と災害ボランティアについて情報交換を行いました。
2016saidaigakkai1
2016saigaigakkai2

コメントは停止中です。