「学生の身を守る研修会」を開催しました(2017.4.6)


 2017年4月6日(木)、本学の近くにある秋田東警察署より警察官をお迎えして、前年に引き続き「学生の身を守る研修会」を開催しました。これは女子学生の比率が高い本学において、学生たちが日常に潜む様々なリスクやトラブルに巻き込まれることなく、安全で快活な学生生活を送れるように、対応策や基本的な護身術を身につけ、自分の身を自分で守れることを目的に、新入生ガイダンスのプログラムの一つとして開催したもので、介護福祉学科の1年生と看護学科の1年生124名が参加しました。
 はじめに防犯対策についての実演を交えた講話があり、続いてスマホの画面を見ながら歩くと周囲への注意が散漫になること、防犯ベルの活用や大声で助けを求めることなど、不審者への対応を教わりました。DVDを使った説明の後は2人一組になって、不審者から触られたり抱きつかれたりした場合に自分の身を守るための護身術を、実際に体験しながら教わりました。
 今回は、ニュース番組の取材で来られたABS秋田放送の幸坂理加アナウンサー、AKT秋田テレビの細谷翠アナウンサーにも、学生へのお手本として護身術を体験していただきました。
 本学では、学生の皆さんが自分で危険から身を守る力を高めてもらうために、今後も継続的に実施していく予定です。
1-2017-04-008

コメントは停止中です。