看護学研究科長メッセージ

赤十字の理念である「人道」を基に「信頼される」人材を育成します。

 看護学研究科長  山田 典子

本学大学院は2011年に基盤看護学分野(感染防御・食)、健康生活支援看護学分野(小児・成人老年)、助産学分野、がん看護学分野の4分野を設け開設しました。がん看護学分野では高度実践看護師教育課程(がん看護専門看護師)を設け、秋田県内では唯一38単位の日本看護系大学協議会の基準を満たした優れた人材育成を行っております。また、助産学分野は看護学修士の学位と助産師国家試験受験資格取得ができる東北地方でただ一つの大学院です。
 さらに、2016年には共同看護学専攻博士課程を開設し、5つの大学の選りすぐりの教員による研究指導体制が敷かれております。看護系大学院の博士課程としては国内最大規模といっても過言ではありません。120年以上におよび日本の看護教育を先導してきた日本赤十字の伝統のもと、学部、大学院(修士・博士)、専門看護師(CNS)とキャリアアップを図り、病を持つ人に寄り添い、看護活動を展開し、地域に還元できる人材を育成しています。
 本学で皆様と一緒に学ぶことを心待ちにしています。

コメントは停止中です。