建学の精神、教育理念・目的・目標

建学の精神

赤十字の看護は、赤十字の基本原則である人道、公平、中立、独立、奉仕、単一、世界性を基調とし、国際的な視野に立って人々の生命を守り、個人の尊厳と権利を尊重する。その看護活動は、国籍、人種、信条及び政治的、社会的立場の如何を問わずに、対象となる人々の健康レベルに応じて健康上の問題を解決することである。日本赤十字秋田看護大学の「建学の精神」は、世界的な人道機関としての赤十字の理念を基調とした「人道:Humanity」を大原則とする。

教育理念

日本赤十字秋田看護大学は、大学の目的である「学術の中心として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、知的、道徳的及び応用的能力を展開させること(学校教育法第83条)」と、建学の精神である人道の理念を基調とした赤十字の思想を涵養する。それは、生命の尊厳と人間性の尊重に基づき、国内外の社会の変化に伴う看護ニーズを認識し、基礎的能力を有し、保健・医療・福祉システムの一員として看護活動ができ、将来、看護の教育・研究の発展に資することができる看護専門職を育成することを目指すものである。

教育目的

日本赤十字秋田看護大学の教育は、「人道:Humanity」の理念を基調とし活躍できる人材を育成する。また、科学的な看護を実践するために主体的な行動力と感性を備え、社会性豊かな人間形成、さらに優れた問題解決力をもって、国内外を問わず人々の保健・医療・福祉・救護の向上に寄与できる看護専門職者を育成することを目的とする。

教育目標

教育目的を達成するために、以下の教育目標を掲げる。
1. 生命を守り、人の尊厳と権利を尊重して行動できる豊かな人間性を養う。
(ア) 豊かな人間性を育みながら、人の痛み・苦しみや喜びを共感的に理解し、コミュニケーションを図ることができる。
(イ) 赤十字の愛の精神をもって、創造的に問題解決を考えることができる。
(ウ) 赤十字基本原則を理解し、赤十字看護職者としての責任感を培う。
2. 看護の専門的知識と技術を修得し、科学的な根拠に基づいた適切な判断と解決ができる能力を養う。
(ア) 社会の変化に即した学問的知識と、安全な基本的技術を修得している。
(イ) 看護活動の本質と機能を理解し、その職責を果たすためのリーダーシップを発揮できる基礎的能力を養う。
(ウ) 科学的倫理的判断に基づき、積極的に問題解決に取り組むことができる。
3. 他の専門職と連携・協力し、地域社会の保健・医療・福祉の向上に寄与できる資質を養う。
(ア) 地域社会の特性を理解し、ライフサイクル、健康レベルに合わせたセルフケアに基づく看護ができる。
(イ) 諸機関と協働し、組織的に地域看護活動を展開するため、マネジメントなどの基礎的知識を養う。
4. 看護を体系的にとらえ、看護の諸現象を科学的に探求できる姿勢を養う。
(ア) 看護研究の特徴や研究倫理について学び、論理的・批判的能力を養う。
(イ) 現実的な諸問題に深い関心を持ち、問題解決のために必要な知識・資源を獲得することができる。
5. 自己成長を目指すとともに生涯学習を継続し、社会の変化に対応できる能力を養う。
(ア) 看護職者として、時代の照準に必要な学習課題や目標を自ら設定できる。
(イ) 絶えず課題の克服と目標達成に取り組み、その成果を評価することができる。
6. 看護を国際的視野でとらえ、広く社会に貢献できる能力を養う。
(ア) 看護を取り巻く世界動向、法律施策、政治情勢に常に関心を持ち、看護の動向を考察できる。
(イ) 国内外での救護に関する組織的活動ができる基礎的能力を身につけている。
(ウ) 異文化の理解に努め、それぞれが持つ個別的及び普遍的特徴をとらえながら、国際的な視点で健康問題を考えることができる。

学士課程教育に関する3つのポリシー

アドミッションポリシー

入学者受け入れ方針:求める学生像

・看護を学ぶ上で基礎となる学力を有している人
・国内外の様々な出来事に関心があり、自分の意見を表現できる人
・赤十字の活動に関心があり、健康・医療・福祉の分野で活躍したい人
・様々な物事に着目し、根気強く探求できる人(自己研鑽)
・人との関わりを大切にし、積極的に他者と交流できる人
 (人間の尊厳・人権・倫理観・誠実性・コミュニケーション)
・自分の健康管理ができる人

カリキュラムポリシー

教育課程の編成・実施に関する方針

本学では、その教育理念に基づき、広い教養を持った看護専門職を養成するため、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成している。
カリキュラム編成の基本となる主要概念を「人間」、「環境」、「健康」、「赤十字」、「看護」としている。これらの各概念に沿った学習内容(授業科目)を置くことにより、系統的な学習が行えることを意図している。
授業科目は、人間の本質を追究する「基礎分野」と、人間の健康生活を理解し働きかけることができる基本となる知を高める「専門基礎分野」また、これらを応用することにより人々の健康生活に働きかける知と技を高める「専門分野」で構成されている。
基礎分野は、幅広い教養と総合的な判断力および豊かな人間性を涵養するため、「人間の心と身体を理解するための知と技術」、「人間と社会・文化に関する知」、「人間と情報に関する知と技術」、「人間と自然に関する知」および「国際化社会を生きるための人間に必要な知と技術」の領域からなる科目を設定
専門基礎分野は、保健学・医学・社会福祉学等、看護学を実践展開するために必要な専門的基盤として「人間と健康」「疫病と治癒過程」および「保健医療福祉」の領域からなる科目を設定
専門分野は、基礎分野・専門基礎分野で学んだことを実践と統合し、看護をあらゆる角度から研究的に探求することを目指すために必要な「基礎看護学領域」、「臨床看護学領域」、「広域看護学領域」および「展開看護学領域」からなる科目を設定

ディプロマポリシー

卒業認定・学位授与に関する方針:卒業時に期待される能力

本学では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、卒業、学位が認定される。
1, 知識・理解
1) 多様な価値観や文化的背景を持つ人々と向き合う力を養うための幅広い教養を身につけている
2) 看護に必要な専門的知識を身につけている
3) 看護実践に求められるマネジメント能力の必要性を理解している
2. 思考・判断
1) 人間を統合的に捉え、人々の健康と生活の質を高める看護を実践できる基礎的能力を身につけている
3. 関心・意欲
1) 保健・医療・福祉関連分野の動向に関心を寄せ、看護のあり方を理解している
2) 専門職として生涯にわたり主体的に学び続ける姿勢を身につけている
4. 態度
1) 赤十字の基本原則を理解し、人間の尊厳と権利を尊重し擁護する姿勢を身につけている
2) 地域の人々の保健医療課題を積極的・自発的に解決しようとする能力を身につけている
3) 看護者として、責任ある行動がとれる能力を身につけている
5. 技能・表現
1) 対象に必要な看護ケアを科学的根拠に基づき安全に実施するための技術を身につけている
2) 地域住民、患者、家族、保健・医療・福祉に関わる人々と連携・協働するために必要な、相手の立場を尊重したコミュニケーション能力を身につけている

コメントは停止中です。