[FD・SD]「事務職員の高度化の実現と大学ガバナンス改革の推進」を開催しました(上杉道世先生)

10月8日(木)午後3時より、大正大学 理事長特別補佐・質保証推進室長で、当法人(学校法人日本赤十字学園)理事の 上杉道世先生をお迎えして、『事務職員の高度化の実現と大学ガバナンス改革の推進』をテーマに平成27年度第5回FD・SD研修会を開催しました。

20151008_070005000_iOS

前半は上杉先生による講演が行われ、今日の大学を取り巻く諸状況や、近年の大学改革の動向―答申・提言を踏まえ、社会の変化が大学に及ぼす影響、多様化する大学像、大学の仕事の担い手の変化について触れ、これからは大学教員・職員の仕事も変わっていくこと、「大学経営を支える教員・職員」の人材を育成・確保していく方策についてお話しされました。

クリックで拡大します

これからの大学職員には、大学の重要な支え手として、命令に忠実に定型的な仕事をこなすだけではなく、創造性の発揮、企画・提案・実行が求められるようになるなど、職員像が大転換しつつあることが示され、さらに大学経営を変えるための方法、大学職員が変化するためのトータルプラン、大学職員に必要な力、それをどう育成するか、企業の人材育成との共通性などについて、具体的に示されました。中でも『自校の大学職員のあるべき姿は、その大学が育てようとする学生像と一致するはず』というお話が印象に残りました。

20151008_073151000_iOS

休憩をはさんで後半は『これからの自大学の課題は何か、それに対し職員はどうしたらよいか』をテーマにグループワークを行いました。具体的には各グループで大学内の課題を一つ上げて、それに対する職員の取り組みを考えて、最後に模造紙に書いたものを全体に発表・共有するという内容で実施しました。今回の研修会には本学教員・職員のほか、県内外から15名の大学職員が参加され、各グループに加わっていただきました。「事務職員の高度化」をメインテーマとして掲げていましたが、各グループでは自然な形で「教職協働」を前提とした議論が展開されました。自大学の課題と他大学の課題、自大学の強みや他大学の事例を交えながら、学内だけのワークでは得られない活発なワークとなり、たいへん有意義な時間を共有することが出来ました。

お忙しい中を研修会にご参加いただきました、秋田県立大学・秋田大学・岩手県立大学・東北文教大学・東北文化学園大学の職員の皆さまには、この場をお借りして御礼申し上げます。(FD・SD委員会)

関連リンク 平成27年度第5回FD・SD研修会を開催します(10/8 上杉道世先生)