宮堀真澄教授の最終講義が開催されました(2020.2.6.)

今年度で退職される看護学部、宮堀真澄教授の最終講義が、2月6日に開催されました。
宮堀教授は、本学の前身の秋田赤十字看護専門学校から教鞭を取られ、日本赤十字秋田短期大学介護福祉学科、看護学科、そして日本赤十字秋田看護大学の看護学部長を歴任、現在は学務部長として、長きにわたり秋田赤十字の教育にご尽力されました。
最終講義では、「時代を超え語り継ぐべきもの」をテーマに、秋田赤十字の看護教育の礎を築いてくださった先輩たちの大切な思いを、私たち受け継ぐ者に温かく伝えてくださいました。
最終講義には、学生、教職員、秋田赤十字病院の看護師の皆さま、同職された方を含め200名以上が集い、宮堀先生のお人柄が感じられる講義に耳を傾けていました。
宮堀教授、ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。