大学院博士課程が「教育訓練給付制度(⼀般教育訓練)」対象講座に指定されました

 このたび本学の大学院博士課程が、厚生労働大臣より「教育訓練給付制度(⼀般教育訓練)」の対象講座に指定され、令和3(2021)年度の入学生より適用されることになりました。

資格の取得を通じたキャリアアップを支援 教育訓練給付制度は、一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者等(在職者)または一般被保険者等であった離職者が、厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練講座を自己負担で受講したときに、教育訓練にかかった経費(入学料や受講料など)の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられる制度です。

 このたび大学院博士課程が「教育訓練給付制度(一般教育訓練)」の対象講座に指定を受けたことで、一定の条件を満たす方が入学された場合、課程修了後に本人がハローワークに申請することで、支払った教育訓練経費の20%(上限10万円)をハローワークから支給を受けることができるようになります。

 詳細については下記をご確認ください。