「こどもサマーキャンプ2014in秋田」を本学を会場に開催します(2014.7.26-27)

 日本の国土は豊かな自然に恵まれ、四季折々の美しい光景を目にすることができます。また、その自然の恵みにより、これまで日本は発展することができました。しかし、自然は時には私たちに牙をむきます。地震、津波、台風など、しばしば自然のもつ脅威にさらされ、大きな災害が発生することも少なくなく、そのたびに多くの人々が犠牲となっています。このような状況に対して、いかに身を守るかを常に考えなければなりません。
 これまで、秋田こども遊び応援実行委員会は、『こどもサマーキャンプin秋田』を2012年より実施してきました。こども達は、大自然の中で学校や日常生活では味わうことができない体験プログラムを通じて、何かを発見したり、創造したり、自分自身が成長していくために必要な能力を養うことができました。
 今年は、その多くの学びを与えてくれた大自然を理解し、『命を守ること』をテーマに防災キャンプを開催します。災害についての知識を学習し、いざという場合の対応方法を体験から学び、『いのちを守る力』を身につけることで、家庭や地域の防災力向上につながることを願っています。

秋田こども遊び応援実行委員会 委員長
日本赤十字秋田短期大学 介護福祉学科 助教 及川真一

詳細はコチラ
kodomoasabi2014