赤澤花子

楽しく大学生活を送る中で介護・福祉の魅力に引き込まれました。

介護職員

赤澤花子

Hanako Akazawa

平成27年度卒業日本赤十字社岩手県支部 特別養護老人ホーム 日赤鶯鳴荘

特別養護老人ホームの介護職員として、利用者への身体介護を主に行っています。高校生のころ、介護老人福祉施設に何度かボランティアに行き、そこで働く職員の方の姿を見て、話を聞いたことで、福祉の仕事に興味を持ちました。また、高校時代、日本赤十字社について学ぶ機会もあり、より深く学んでみたいと思ったこともあり、この大学への進学を決めました。
大学では、利用者に適した介護とは何かを考える場が多く、利用者の立場になって考え、行動する姿勢を学ぶことができました。この大学は、カリキュラムや演習内容が充実していて、ボランティアなどの活動が盛んに行われていることが強みです。学内だけでなく、外部で行うボランティアなどにも多く参加でき、なかには長期的に関わることができる活動がありました。学ぶ場所が豊富にあり、とても良い経験になりました。
今はまだ、知識や経験が浅く、満足いくケアを提供できないこともあります。今後も研修に参加したり、経験を積むことで介護福祉士としても、人間としても成長していきたいです。まだまだとは思っているのですが、私に対して「あなただと話しやすい」と言ってくださる利用者の方がいたりして、自分のことを認めてくれていると感じたときに、やりがいを感じています。
私も入学当初は介護福祉の仕事に対して不安もありました。しかし、正しい知識を学び、実習やボランティアを通じて現場を経験していくうちに、利用者の方と接する楽しさや難しさを知り、介護の仕事に魅了されました。皆さんにも、大学生活を通して福祉・介護の楽しさを知ってもらいたいと思います。

髙橋直子

先生との出会いが教師の道へと導いてくれました。

高校福祉科教諭

髙橋直子

Naoko Takahashi

平成15年度卒業秋田県立六郷高等学校 福祉科教諭

現在、高校の福祉の教員として働いています。短大入学当初は県内の介護現場で働き生活相談員になるのが夢でしたが、先生からのアドバイスで介護福祉への携わり方が介護現場だけではないことに気付きました。その後、東北福祉大学に編入し高校福祉の教員免許を取得しました。
日本赤十字秋田短期大学の魅力は夢を応援してくださる熱い先生方から学び巣立つことができることだと思います。皆さん、今後の秋田の福祉を支える素敵な介護福祉士になってくださいね。

渡辺円香

現場の声をしっかりと聞き取り頼れる相談員になりたい。

生活相談員

渡辺円香

Madoka Watanabe

平成25年度卒業社会福祉法人 あけぼの会 歩行と言葉のリハビリ空間なごみ

デイサービスの生活相談員兼介護福祉士として働いています。利用者の方がリハビリを通してできることが増えたと嬉しそうに報告してくれたとき、とてもやりがいを感じます。私は大学での学びを通じて「気づき、考え、行動する」という姿勢が身につきました。今後は、社会福祉士を取得し、より福祉について勉強し、頼れる相談員になりたいです。現場の声もしっかりわかる生活相談員として活躍したいと思っています

伊藤惇平

実習で障害者施設に行きこの仕事に魅力を感じました。

支援員

伊藤惇平

Junpei Ito

平成27年度卒業社会福祉法人慈泉会 サンワーク大曲 生活介護事業所

生活介護事業所の支援員として宅配業者から委託された配達物を利用者と一緒に配達し、利用者が地域と関わりながら社会で活動する力を育めるよう支援を行っています。
大学では実習の経験を通して障害者支援の面白さを知ったこと、仲間や先生と出会えたことが大きな力になっています。今も辛いことがあると仲間や先生に相談する場面がたくさんあります。高校生の皆さんには、大学生活の中で自分が本当にやってみたいことを見つけて欲しいと思います。

過去の卒業生インタビュー

  • takeharanozomi
  • ishikawaharuhisa
  • fuziwara
  • 2013ishii
  • 2013sakamoto
  • 2013matsuda