博士課程の教育方法

本共同看護学専攻では、対面での集団教育および個人指導の教育方法に加えて、日本赤十字学園専用のひかり回線で結ぶ遠隔教育システムを活用した特徴的な教育方法を用います。同システムの品質 の高い映像・音声によって、通常の対面授業とほぼ同様なリアルタイムの双方向授業が5大学間で可能となります。

学生の皆さんに、5大学の強みを活かした教育の場を設定するとともに、移動にかかる身体的・経済的 な負担を軽減できるよう努めています。また、遠隔授業や遠隔個人指導は、録画で後日視聴することも可能です。
また、社会人学生の受け入れに関しては、長期履修制度を設けたり、夜間開講などの時間割の配慮を行います。

修了要件

標準修学年限(3年)以上在学し、次の所定単位を修得するとともに、必要な研究指導を受け、かつ博士学位論文を提出し、博士学位論文審査と最終試験に合格しなければならない。

以下の(1)から(5)を満たし15単位以上
(1)共通科目のいずれか2科目2単位以上
(2)専門科目から1科目2単位以上
(3)「看護学演習」を2単位
(4)「合同研究ゼミナール」を1単位
(5)「特別研究」を8単位

博士課程の学位論文に係る評価基準

1.審査体制

審査は論文ごとに、共同看護学専攻を構成する5大学院博士学位審査委員会が提案し、連絡協議会が承認した5名の○合教員から成る専門委員会が行う。その構成は、主・副研究指導教員各1名を含む計5名とし、主査は、主・副研究指導教員以外の教員が担う。
専門委員会による審査結果は、博士学位審査委員会において博士学位論文の合否を判定し、最終的に連絡協議会が合否を決定する。

2.博士学位論文審査基準

審査の観点は、博士論文としての学術的価値、実践的な有用性、論理的な観点、完成度から、論文の水準を客観性、厳密性をもって判定する。
(1)看護学研究として学術的な貢献や社会的な意義を有している。
(2)研究方法ならびに成果が、独創性、論理性、体系性、実証性、新規性などの観点においてすぐれている。
(3)課題設定と問題意識の対応、課題解明と研究方法の対応、先行研究の整理・評価と結論の整合性などの論理的一貫性が保たれている。
(4)章や節の組み立て、脚注や引用方法、著作権の配慮など、学術論文としての体裁が保たれている。
(5)学術雑誌における査読付研究論文1編以上の掲載などの研究業績がある。