博士課程の教育方法

本共同看護学専攻では、対面での集団教育および個人指導の教育方法に加えて、日本赤十字学園専用のひかり回線で結ぶ遠隔教育システムを活用した特徴的な教育方法を用います。同システムの品質 の高い映像・音声によって、通常の対面授業とほぼ同様なリアルタイムの双方向授業が5大学間で可能となります。

学生の皆さんに、5大学の強みを活かした教育の場を設定するとともに、移動にかかる身体的・経済的 な負担を軽減できるよう努めています。また、遠隔授業や遠隔個人指導は、録画で後日視聴することも可能です。
また、社会人学生の受け入れに関しては、長期履修制度を設けたり、夜間開講などの時間割の配慮を行います。

修了要件

標準修学年限(3年)以上在学し、次の所定単位を修得するとともに、必要な研究指導を受け、かつ博士学位論文を提出し、博士学位論文審査と最終試験に合格しなければならない。

以下の(1)から(5)を満たし15単位以上
(1)共通科目のいずれか2科目2単位以上
(2)専門科目から1科目2単位以上
(3)「看護学演習」を2単位
(4)「合同研究ゼミナール」を1単位
(5)「特別研究」を8単位