修士課程教育に関する3つのポリシー

アドミッションポリシー
入学者受け入れ方針:求める学生像
本大学院は、以下のような学生を受け入れます。
  • 人の尊厳を擁護する倫理観を持ち、人の生活と健康に対し全人的な視点から問題提起できる人
  • より卓越した専門的な知識と技能を持ち、さらなる看護と看護学の実践あるいは研究に対し   向上心の旺盛な人
  • 人のもつ健康問題に真摯に取り組み、研究を推進できる人
  • 地球規模での健康問題を視野に入れ、他職種と協働する思考のできる人
カリキュラムポリシー
教育課程の編成・実施に関する方針
本大学院では、その教育理念に基づき、以下のようにカリキュラムを編成しています。

「人道」を基本理念とする建学の精神に則り、広く精深な学識と、看護学の学術的・実践的研究を教授することにより、その奥義を究め、より高度な専門性を以て地域社会に貢献できる人材の育成を目指す。
社会の変化と新しい発展に対応した、「基盤看護学分野」、「がん看護学分野、」「健康生活支援看護学分野」及び「助産学分野」、さらに、『がん高度実践看護師(専門看護師)教育』と『助産師国家試験の受験資格教育』を設定している。
授業科目は、共通科目、専門科目、研究計画書作成、特別研究の4つで構成されている。

ディプロマポリシー
卒業認定・学位授与に関する方針: 卒業時に期待される能力
本大学院では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、学位(看護学修士)が認定されます。
  • 1.知識・理解
    1. 専門的な看護実践に必要な知識を学修し、その根拠に裏付けされた応用方法が理解できる。
    2. 看護の実践・教育・管理の発展に寄与できる多様な研究方法と看護への幅広い適用方法が理解できる。
    3. 看護実践に求められるマネジメント能力の必要性を理解している。
  • 2.思考・判断
    1. 科学的根拠に基づき、専門職者としての洞察力をもって判断ができる。
  • 3.関心・意欲
    1. 地域社会における健康問題と動向に関心をもち、問題解決に向けて関係機関や他職種と連携した対応策を考えることができる。
  • 4.態度
    1. 人の尊厳と権利を確保するための倫理観を持ち、その擁護の方法を探求していくことができる。
    2. 看護実践の開発および探求のために、看護研究を推進していくことができる。
    3. 専門職者としての自己研鑽を継続していくことができる。
  • 5.技能・表現
    1. 看護学の専門分野に関する研究課題に取り組み、研究することができる。
    2. 高度な看護実践、研究・教育活動を通して、社会に貢献できる。
    3. 人々と協働した活動を展開するためのマネージメントができる。
    4. グローバル化する保健・医療・福祉における健康問題を見据え、国内外での看護活動を通して広く社会に貢献できる。