安藤 広子アンドウ ヒロコ

職位
教授・学長
学位(専攻分野の名称)
博士(看護学)
専門分野(領域)
母性看護学・助産学・遺伝看護学
連絡先
e-mail:ando@rcakita.ac.jp
直通番号:018-829-3010
研究テーマ
出生前診断に伴うケア、遺伝看護教育、周産期先端医療における看護
研究内容キーワード
出生前診断、遺伝看護、助産学教育、不妊看護、看護倫理
主な所属学会
日本助産学会、日本遺伝看護学会、日本看護科学学会,日本母性衛生学会、日本看護倫理学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本人類遺伝学会,国際遺伝看護学会(ISONG:International Society of Nursing in Genetics.)、Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing
主な著書・論文
・出生前診断・遺伝相談におけるケア「助産業務指針」、pp94-110、日本助産師会出版、2011
・妊産褥婦の症状・徴候のアセスメントとケア「臨床助産師必携」、pp430-440、医学書院、2007
・遺伝看護実践と倫理的課題、pp184-189、へるす出版、2007
・環境の保護・維持と看護実践「看護白書」、pp79-88、日本看護協会出版会、2007
・患者家族の目から見た遺伝子診断の現状と今後の課題、pp79-88、遺伝子診断ファーラム記録集、2007
・母子のニーズと倫理的課題「母子看護原論」、pp15-20、廣川出版、2007.
・不妊治療・出生前診断の倫理的課題「助産診断・技術学Ⅳ」、日本看護協会出版会、2006
・遺伝看護 編著、医歯薬出版、2002
その他
・看護研究における倫理指針、日本看護協会出版会、2008
・コンパクト版看護学事典、日本看護協会出版会、2006
・看護学事典、日本看護協会出版会、2004
<報告書>
・文部科学省「がんプロフェッショナル養成プラン:がん専門看護師の養成プラン(平成19年~23年度)」活動報告書、2012
・教員のための遺伝看護教育プログラムの開発と評価、科学研究(基盤B)成果報告書、2010
・岩手県における母子の健康支援;助産師活動支援プロジェクトin岩手(平成17年~19年度 岩手県立大学看護学部プロジェクト研究成果報告書)、2008
・出生前遺伝子検査における遺伝看護実践とその評価;アクションリサーチの試み、科学研究(基盤C)、2007
・出生前相談テキスト(看護者用)、出生前相談の看護研究プロジェクト成果報告書、2007
・岩手遺伝ネットワークの構築、岩手県立大学全額研究プロジェクト研究(展開戦略)報告書、2007
・遺伝看護の実践能力を育成する教育モデルの開発と評価、科学研究(基盤A)成果報告書、2007