新沼 剛ニイヌマ タケシ

職位
講師
学位(専攻分野の名称)
修士(平和学)
専門分野(領域)
国際関係学
連絡先
e-mail:niinuma@rcakita.ac.jp
直通番号:018-829-4125
研究テーマ
人道支援と政治
研究内容キーワード
赤十字、人道支援、安全保障
主な所属学会
日本国際政治学会、日本災害看護学会、日本赤十字看護学会
主な著書・論文
<著書>
・「救援者のこころのケア」pp.108-115, 「トリアージ」pp.134-138.喜多悦子,上村朋子他,『災害看護学(ベトナム語版)』第2版,ナムディン看護大学,日本赤十字九州国際看護大学,2012年.(共著)
<論文>
・「国連統合アプローチにおける人道活動の課題」『日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要』第20号,pp.35-40,2016年3月.(単著)
・「東日本大震災後の岩手県A市における介護家族の健康セルフケアマネジメント支援」『日本赤十字広島看護大学紀要』第14号,pp.95-102,2015年3月.(共著)
・「日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学災害救護訓練の発展と今後の課題」『人道研究ジャーナル』第3号,pp.108-113,2015年3月.(単著)
・「保護する責任」とその軍事的介入正当化要件の適用をめぐる課題」『人道研究ジャーナル』第1号,pp.115-124,2012年3月.(単著)
・「日本赤十字看護大学合同ケアプロジェクト 仮設住宅での健康講座開催」『看護管理』Vol.22, No.3.pp.204-210,2012年3月.(共著)

・「中国の台頭が東アジア安全保障に与える影響:分析的折 衷主義の視点から」『日本赤十字九州国際看護大学 Intramural Research Report』第9号,pp.1-13,2010年3月.(単著)
<翻訳>

・British Red Cross, Somali Red Crescent., Principles in Action in Somalia.2013/赤十字の基本原則の実践 ソマリア赤新月社の事例.日本赤十字国際人道研究センター,2017年3月.(共訳)

・第10章「実践の変更」pp.188-200.Jaqui Hewitt-Taylor, Using Research In Practice.2011/入門 臨床事例で学ぶ看護の研究.福村出版、2016年9月.(共訳)
その他
・日本赤十字国際人道研究センター研究員