FD・SD研修会「大学で教える人のためのルーブリック評価入門」を開催します(11/10佐藤浩章先生)


日本赤十字秋田看護大学/日本赤十字秋田短期大学
平成28年度第8回FD・SD研修会

【テーマ】
大学で教える人のためのルーブリック評価入門
~ ブレない、時短、公平な評価をするために ~

1枚目のレポートの採点基準と50枚目のそれがずれていると気になったことはありませんか?評価にかける時間をもっと短縮できたらと思ったことはありませんか?ルーブリックがそんな悩みを解決してくれます。ルーブリックとは、教育・学習成果の評価の厳密化と効率化を進めるために使われる評価ツールです。今回の研修会では、ルーブリックの作成手続きと様々な事例を紹介しながら、研修時間内に自らの授業で活用できるルーブリックを作成します。成績評価の厳密化と効率化を進めたい教員だけではなく、カリキュラム・プログラム評価に関心のある教職員、人事評価に関心のある教職員の方にも有用な内容です。参加者は事前に送付されるファイルを取り込んだ『充電済のパソコン』を各自で持参してください。

【講 師】
hiroakisato佐藤 浩章 先生
大阪大学 全学教育推進機構 教育学習支援部 准教授
《プロフィール》北海道大学大学院教育学研究科・博士後期課程単位取得退学。博士(教育学)。
愛媛大学大学教育総合センター教育システム開発部講師・准教授、教育・学生支援機構教育企画室准教授・副室長を経て、2013年10月より大阪大学准教授。専門は,高等教育開発,技術・職業教育学。大学教員や将来大学教員を目指す大学院生向けのFDプログラムの企画・講師、教育・学習に関わる個別コンサルティング活動を精力的に行っている。

【日 時】
平成28年11月10日(木)16:00~18:00(受付開始 15時30分)

【場 所】
本学2号館1階 152講義室

【交 通】
秋田駅東口3番バス乗り場から秋田中央交通バス15分
「日赤病院前」おりてすぐ(秋田赤十字病院となり)
本学へのアクセス

【対象者】
本学教職員が対象の研修会ですが、大学コンソーシアムあきた構成機関をはじめ県内外の大学・短大教職員のみなさま、大学教員を目指す大学院生など、幅広い参加をお待ちしております。

【研修内容】
ルーブリックの作成手続きと様々な事例を紹介しながら、研修時間内に自らの授業で活用でき るルーブリックを作成します。参加者は事前に送付されるファイルを取り込んだ『充電済のパ ソコン』を各自で持参してください。持参できない場合はパソコンを使わずに紙で作業もできますが、後日打ち直す作業が必要になりますので、可能な限りパソコンをご用意ください。

【参加料金】
無 料(本学までの交通費はご負担ください。)

【締め切り】
2016年11月7日(月)12時受付分までお申込を受け付けます。参加申込者が多数の場合、会場 の都合により予告なく受付を終了する場合がありますので、お早めにお申し込みください。

参加を希望される方は、こちらのボタンを押して、お申し込みください。
sanka_moshikomi

【問い合せ】
〒010-1406 秋田市上北手猿田字苗代沢17番地3
日本赤十字秋田看護大学・短期大学 FD・SD委員会
TEL: 018-829-2229   FAX:018-829-3030
メール: conso (at) std.rcakita.ac.jp
20161110satohiroaki

コメントは停止中です。