「第5回大学コンソーシアムあきた高等教育セミナー」開催のお知らせ(10月12日)

第5回大学コンソーシアムあきた高等教育セミナー 秋田県内の15の高等教育機関等*で組織される「大学コンソーシアムあきた」では、大学間連携を通じた高等教育の質の向上と教育機能強化、教職員・学生の相互交流を目的に「高等教育セミナー」を毎年開催しています。第5回目となる今回は「学生エンゲージメント」をテーマに選びました。 ⼤学を取り巻く状況・環境が⼤きく変化する中、カリキュラムの体系化やアクティブラーニング型授業の導入、留学やインターンシップの機会の拡充、学生支援の充実など、各大学では様々な質保証・質向上の手立てが講じられています。一方、教育改革の進度とは裏腹に学生の学びに対する受動性を示すようなデータもみられます。誰のための何のための改革なのか、改めて問い直す時期に来ているのではないでしょうか。その鍵となるのが「学生エンゲージメント」です。過度な成果主義から学びのプロセスへと重心を移し、認知的側面のみならず情緒的側面を重視しながら、学生・教職員双方による主体的・対話的で深い「関与」によって、学生の成功を実現しようという包括的な概念です。 このセミナーでは、なぜ学生エンゲージメントが重要なのか、学生エンゲージメントや自立を促す大学教育とはどのようなものなのか、大学コンソーシアムあきた構成機関における教育の実践事例も交えながら紹介し、大学教育と学生エンゲージメントについて考えていきます。学生との関わりに関心をお持ちの、多数のご参加を心よりお待ちしております。 第5回大学コンソーシアムあきた高等教育セミナー概要

参加対象者 大学コンソーシアムあきた構成機関の教職員の方、大学・短期大学・専門学校・高等学校などの教育機関等において学生・生徒の教育に携わる方で、本テーマに関心をお持ちの方。
開催日時 令和元(2019)年10月12日(土)13:00~16:30 (受付開始12:30~)
会 場 カレッジプラザ 講堂  秋田県秋田市中通2丁目1−51 明徳館ビル2階
(カーナビ画面では「秋田県立秋田明徳館高等学校」で検索してください)
主な内容
(予定)

●基調講演
○ 大学における学生エンゲージメントと自立を促す支援としかけ
  京都大学 高等教育研究開発推進センター
  (兼任) 大学院教育学研究科(高等教育学コース) 山田 剛史 准教授

●教育実践事例報告
共通テーマ「正課内外で学生の主体性や自立を促す組織的な取り組み」 をキーワードに、大学コンソーシアムあきた構成機関の4つの大学の教員より実践事例報告を行います。

○ 学習者の主体性や自立を促す取組 ~教員養成及び小学校の事例から~
  秋田大学 教育文化学部 細川 和仁 准教授

○ 学生自主研究制度 ~学生の好奇心に応える教育プログラム~
  秋田県立大学 生物資源科学部応用生物科学科 水野 幸一 准教授

○ 産学官民連携としてのJR東日本寄付講座の取り組み
  国際教養大学 アジア地域研究連携機構 副機構長 根岸 洋 准教授

○ コミュニティデザイン演習の記録 ~彌高神社オリジナル御守袋デザインの実践報告~
  秋田公立美術大学 美術学部美術学科 官能 右泰 教授

参加費 無料(セミナー終了後の懇親会は別途会費を申し受けます)
申し込み 専用のWebページからお申し込みください。 申込フォーム
10月3日(木)17時まで申し込みを受け付けます。
懇親会
(要申込)
懇親会の会費(5,000円)は当日の会場受付の際に現金で申し受けます。
会場準備の都合上、懇親会への参加を取り消す場合は、10月8日(火)までにお知らせください。
それ以降のキャンセルには応じられない場合がございます。
なお、当日欠席や無断キャンセルの場合も会費は申し受けますので、あらかじめご承知おき願います。

第5回大学コンソーシアムあきた高等教育セミナー(フライヤー)