学生のみなさんへ(2020年7月28日)

学生のみなさんへ

学長(危機対策本部長)

新型コロナウィルス感染の拡大を受けて

 現在本学では新型コロナウィルス感染症対策として、7月10日より別紙の通りの対策を取っておりま す。 学生の皆さんもその方針に従いそれぞれが自己の行動を律し、日赤の一員として感染予防に協力していることに深く敬意を表します。

 さて、ステップ2に移行後人々の県境を越えた往来が緩和され GOTO トラベル事業も始まると、人の流れが活発になると同時に感染のリスクも高まるものと考えておりましたが、首都圏における感染者の増大状況や秋田県内においても新たに2名の感染者が発生したことを見ると今まさにそれが現実化しているものと言えます。

 そういった中で、皆さんは非常に不安を感じているものと思いますが、秋田県からもこういった状況から別紙の通り「県民の皆様へのお願い」として、

  • 首都圏などの感染が拡大している地域への観光は避ける
  • やむを得ない訪問については、必要性や延期の可否等について再検討
  • 感染リスク高い場所には行かない
  • 帰ってからも体調に留意する

など、首都圏への移動は慎重に行うよう要請されています。

 以上を踏まえ、本学としては特に新たな対策は取りませんが、既にお知らせしてある対策方針を今一度確認し、各自が感染予防に引き続き取り組まれるようお願いいたします。

対応方針抜粋

<大学施設の利用>
体育館及びトレーニング室は感染予防(人数制限、使用後の換気、清掃、器具・室内の消毒等)の徹底を条件に使用可とする。
<アルバイトについて>
就労先が業種別感染予防ガイドラインに沿った対応がとられているか確認し、自らも感染予防対策を十分にとること
<カラオケ、ライブハウス、スポーツジム等への出入について>
カラオケ、ライブハウス、スポーツジム等への出入りのほか、感染防止のため、直接対面でのサークル活動(他大学のサークルを含む)・懇親会・交流会・パーティ等も、参加しないこと。

参照:令和2年7月10日以降における当面の対応方針

 

 【県民の皆さまへのお願い】
参考:首都圏などとの往来に関する注意喚起について:2020年07月28日(秋田県庁)