看護学部 看護学科

成績は以下の基準に基づいて評価します。

全入学生対象

成績の評価

  • 成績の評価は、学則第31条の規定に基づき、S、A、B、C、Dの評語をもって行い、S、A、B、Cを合格とし、Dを不合格とします。
  • 成績の評価点を100点満点としたときは、100~90点をS、89~80点をA、79~70点をB、69~60点をC、59点以下をDと読み換えます。

GPA

  • GPAとは、それぞれの科目で得た評価をポイントに置き換え、計算式により平均数値を算出し、学習の到達度を客観的に測る指針として、進級や卒業判定に用いる成績評価システムです。

グレード・ポイント

  • 単位が認定された履修科目について、成績の評価点を100点満点としたとき、当該修得科目のグレード・ポイントを次のとおりとします。

    区分 標語 成績 グレード・ポイント
    合格 100~90点 4.0点
    89~80点 3.0点
    79~70点 2.0点
    69~60点 1.0点
    不合格 59点以下 0.0点
  • 他大学等で修得し、本学の単位として認定された科目とその単位については、グレード・ポイントの対象外とします。

GPAの算出

  • 学生は、その履修科目のグレード・ポイントに基づき、GPAが算出されます。
  • GPAは次の計算方法により算出されます。 
    (評価Sの単位数合計×4)+(評価Aの単位数合計×3)+(評価Bの単位数合計×2)+(評価Cの単位数合計×1)
    総履修単位数
  • 分母の総履修単位数には、不合格科目(成績評価が「D」)の単位数を含みます。
  • 分母の総履修単位数には、他大学等で修得し、本学の単位として認定された科目単位数は含みません。

GPAの進級等への利用

  • 学習到達目標をGPA2.0以上とします。
  • 各学年のGPA2.0未満の学生に対して学習指導を実施します。
  • GPA2.0未満が2学年連続した学生に対しては、さらに学習指導を強化し、進路変更等を指導します。
  • 学生に対するGPAの通知は、学業成績単位修得表に付記する方法で行います。
  • GPAは成績証明書及び学籍簿に記載します。

GPAの卒業判定への利用

  • 第4学年終了時のGPA2.0以上を卒業の要件とします。

規程

日本赤十字秋田看護大学学則 抜粋
(成績の評価)
第31条 成績の評価は、S、A、B、C、Dの評語をもって行い、S、A、B、Cを合格とし、Dを不合格とする。
2 急病その他の正当な事由があって、前条第1項の試験を受けることができなかった学生に対しては、追試験を行うことがある。
3 前項に規定する追試験の手続等については、学長が別に定める。
4 学生には、履修した授業科目につき、成績の評語に応じ、教授会の議を経て学長の定めるグレード・ポイントが与えられる。成績の各々の評語に対応するグレード・ポイントは、教授会の議を経て、学長が別に定める。
5 前項の規定に従って与えられたグレード・ポイントを基に履修科目1単位当たりの成績の平均点(以下、「GPA」という。)を算出する。GPAの計算方式は、教授会の議を経て、学長が別に定める。

大学院

成績は以下の基準に基づいて評価します。

全入学生対象

成績の評価

  • 成績の評価は、学則第31条の規定に基づき、S、A、B、C、Dの評語をもって行い、S、A、B、Cを合格とし、Dを不合格とします。
  • 成績の評価点を100点満点としたときは、100~90点をS、89~80点をA、79~70点をB、69~60点をC、59点以下をDと読み換えます。
区分 標語 成績
合格 100~90点
89~80点
79~70点
69~60点
不合格 59点以下

介護福祉学科

成績は以下の基準に基づいて評価します。

全入学生対象

成績の評価

  • 成績の評価は、学則第31条の規定に基づき、A、B、C、Dの評語をもって行い、A、B、Cを合格とし、Dを不合格とします。
  • 成績の評価点を100点満点としたときは、100~80点をA、79~70点をB、69~60点をC、59点以下をDと読み換えます。
区分 標語 成績
合格 100~80点
79~70点
69~60点
不合格 59点以下

規程

日本赤十字秋田短期大学学則 抜粋
(学修の評価)
第29条 授業科目の成績評価は、A、B、C、Dで表し、A、B及びCを合格とし、Dを不合格とする。