1896(明治29)年
日本赤十字社秋田支部救護看護婦養成開始
1914(大正3)年
日本赤十字社秋田支部病院救護看護婦養成所として発足
1946(昭和21)年
秋田赤十字病院看護婦養成所と改称
1950(昭和25)年
秋田赤十字高等看護学院と改称
1976(昭和51)年
秋田赤十字看護専門学校と改称
1996(平成8)年
日本赤十字秋田短期大学開学(看護学科・介護福祉学科)
1998(平成10)年
秋田赤十字看護専門学校閉校
2009(平成21)年
日本赤十字秋田短期大学看護学科を改組転換し日本赤十字秋田看護大学開学(看護学部看護学科)
2011(平成23)年
日本赤十字秋田短期大学は看護学科学生の卒業に伴い、介護福祉学科の単科となる、日本赤十字秋田看護大学大学院 看護学研究科看護学専攻修士課程開設
2013(平成25)年
日本赤十字秋田看護大学 教育研究開発センター認定看護師教育課程(認知症看護認定看護師コース)開講
2016(平成28)年
日本赤十字秋田看護大学大学院 看護学研究科 共同看護学専攻博士課程開設

赤十字救護員記念像(救護看護婦像)

赤十字救護員記念像(救護看護婦像)

明治以来の看護師養成の歴史を受け継ぐ本学の正面の植え込みには「赤十字救護員記念像」があり、秋田赤十字病院の方角を見まもっています。この像は、さきの日中戦争から太平洋戦争にかけて、戦時救護に動員された人々の功績をたたえ、不幸にも殉職された救護員の慰霊のために、西南戦争のさなか佐野常民らによって日本赤十字社が(当時は博愛社)設立されてから100年目にあたる昭和52年に、記念事業のひとつとして秋田市中通の旧秋田赤十字病院隣接地(現エリアなかいち)に建立されたものを、平成8年の日本赤十字秋田短期大学開学に際して移設されたものです。

15年の長きにわたって戦争に従事した救護員は、日本赤十字社秋田県支部関係だけでも医師6人、看護婦425人、調剤員1人、書記13人、使丁15人の合わせて460人に達しますが、このうち看護婦21人、使丁1人の計22人が殉職、このほかに秋田県支部には所属していませんが、秋田支部病院の救護看護婦養成所を出た2人の看護婦殉職者もおり、大きな犠牲を払いました。

昭和52年10月、日本赤十字社秋田県支部を中心に、秋田赤十字病院・日本赤十字社看護師同方会秋田県支部の代表が集まって建設委員会が発足、救護看護婦の立像を建設することになりました。記念像の制作者には秋田県田沢湖畔に立つ「辰子像」の制作者である東京芸術大学の舟越保武教授が依頼されました。舟越教授は秋田にも足を運んで製作にあたり、優しくしかも凜々しい赤十字看護婦の像をつくりあげました。像はブロンズ、高さは195cmで、高さ85cmの台座(スウェーデン産インベラル・レッド)の上に建てられました。(日本赤十字社秋田県支部百年史より)