看護師 鎌田智也、看護師 須田ようこ

看護師として経験を積み将来的には保健師を目指したいです

看護師

鎌田智也さん

平成27年度卒業秋田赤十字病院

秋田赤十字病院の消化器外科で、術前・術後の患者様への看護を行っています。受け持ちの患者様から、退院時に感謝の言葉をいただきたとき、看護師になって良かったと思いました。
 日赤秋田看護大学はPBLという学習法ができるのが魅力だと思います。皆で話し合いながら答えを導き出すこの方法が、病院で行われるカンファレンスで役立っています。また、PBLを通して身につけたアセスメント能力も活用できています。
 私は保健師の免許も持っています。現在は病院で看護師として働いていますが、病院で臨床経験を積んだあとは病院勤務の経験を活かし、保健師を目指したいと思っています。
 ぜひ皆さんも大学での学びを通して、たくさんの仲間たちと充実した学生生活を送ってください。

PBLやOSCEの学習方法は働くうえでの強みになります

看護師

須田ようこさん

平成27年度卒業秋田赤十字病院

母が看護師をしていて、“人の役に立つ仕事がしたい、看護師になりたい”と思うようになりました。生まれ育った秋田で働きたいという思いがあり、さらに赤十字の理念に関心を持ち、日赤秋田看護大学への進学を決めました。
 大学ではグループで活動することが多かったため、メンバーと協力して問題を解決していく大切さを学びました。PBLやOSCEといった事例を基に学習する授業は、仕事でも役立っています。
 現在、整形外科と腫瘍内科の混合チームで働いています。術後にどんどん元気になっていく患者様を見ると嬉しくなります。
 学生生活は一度きりです。辛いこともあると思いますが、同じ夢を持った仲間と一緒に楽しい4年間を過ごしてください。いつか一緒に働けることを楽しみにしています。

※OSCE・・・Objective Structured Clinical Examinationの略。客観的臨床能力試験のこと。

看護師 佐藤若奈

忙しくても笑顔を忘れず、患者さんの心の支えになりたい。

看護師

佐藤若奈さん

平成26年度卒業横浜市立みなと赤十字病院

現在は消化器内科で勤務しています。がん患者の方が多いため、自ずと告知やお看取りに立ち会うことも多く、辛いときも多々あります。だからこそ一人ひとりの患者さんに人として向き合う時間を大切にしています。働き始めて4年目を迎え、責任や立場が重くなってきますが、チーム医療の一員として、患者、家族と医療職・地域との繋がりを持てるよう関わっていきたいと思っています。忙しくても笑顔を忘れず、人生において辛い病気と闘う患者さんの心の支えになりたいです。

保健師 佐々木翔太

授業や実習で学んだことが現場で役立っています

保健師

佐々木翔太さん

平成27年度卒業由利本荘市 本荘保健センター

看護師を目指して大学へ入学しましたが、実習を行うなかで、予防的視点で関わることのできる「保健師」の仕事に魅力を感じるようになりました。現在は保健師として、主に高齢者予防接種や介護予防を担当しています。大学で経験したPBL が、カンファレンスや関係機関との会議などで役に立っています。今後は、専門性を高め、介護分野や精神看護の知識・スキルを高めたいと考えております。学ぶことが多く大変だと思いますが、確実に将来の糧になります。勉強も、遊びも、両方とも頑張ってください!

看護師 本間詩緒

患者様の声を聞き逃さない看護師を目指したい

看護師

本間詩緒

平成25年度卒業石巻赤十字病院

血液内科や腫瘍内科などの混合病棟で働き5年になります。看護師を目指した理由は、父が入院したときの看護師さんが、家族の精神的サポートまで行ってくれたからです。
 大学ではPB Lを通してグループ皆で学びを深めていくことができました。現場では、医師や薬剤師などの他職種が参加するカンファレンスでその経験が役立っています。これから看護師を目指す皆さん、勉強で大変なこともあるかもしれませんが、“自分がやりたいこと”を忘れず頑張ってください。

過去の卒業生インタビュー

※卒業生のメッセージはすべて平成26年4月当時の内容です。

  • 大山郁美さん
  • 佐々木綾香さん
  • 佐藤千種さん
  • 佐藤陽子さん
  • 土田あゆみさん