写真:Cさん

子どたちの輝く笑顔が、全ての原動力。

養護教諭

Cさん

出身高校/盛岡白百合学園高等学校

秋田県仙北市出身。
日本赤十字秋田看護大学看護学部を2017年3月卒業後、北海道教育大学養護教諭特別別科へ進学し、養護教諭ー種免許状を取得。2018年4月より秋田県内の小学校にて養護教諭として勤務。

看護師志望から養護教諭の道へ

当初は看護師を志望していました。私の母が看護師で、仕事をしている姿を小さい頃から見て育ったため同じ道を目指す気持ちでした。在学中の実習で子どもたちとかかわる機会があり、自分に向いているのは養護教諭なのでは?と思い4年生の夏に急遽進路を変えました。やはリ子どもが好きだということが一番の理由です。

一人ひとりの心身に寄り添う仕事

養護教諭として勤務2年目になります。児童数が100名余りの朗らかであたたかい小学校です。のびのびと学び遊べる環境の中で、子どもたちは思いがけない怪我や体調不良などで保健室に足を運んできます。その際の適切な応急処置や症状が治るまでベッドで休ませたりすることなど、臨機応変に対応することが求められます。安心して学校生活が送れるように児童の体調面だけではなく精神面との両方でサポー トすることが大きな役割です。働きはじめてから改めて学生時代に学んだ傷病時のケアをはじめ、コミュニケーション技術、学童期・思春期の幅広い発達段階に適した関わり方など今の私の基礎となっていると思います。

子どもたちと共に日々成長

「保健室の先生」いわゆる養護教諭の仕事はとても奥深く、子どもたちから学ぶことが多々あります。新任時は備品の所在も分からずの状況でしたが、今では子どもたちみんなの顔と名前はもちろん健康状態もしっかり把握できるようになリました。小学生の高学年になると悩みの相談が増えたりするなど、メンタル面のケアも大切な役割だと痛感します。子どもたちの話を最後まで聞き、丁寧に受け止めて私なリのアドバイスをしています。答えは一つでは無いというところがこの仕事の奥深さでもあり、中学校へ送り出す責任とやりがいを感じながら、私自身も一歩前進の毎日です。現状に満足することなく、常に向上心をもって歩んでいきたいど思います。