「気づき」「考え」「行動する」
態度と能力を自ら育んでいきましょう。

看護学部長

教授 新田 純子

 新田純子
 

 本学は、1896年(明治29年)に日本赤十字社秋田支部で救護看護婦の養成開始を沿革として、赤十字の理念を基調とした「人道」に基づき看護の実践者を育成してきました。日本赤十字社は1877年に発生した西南戦争の折、敵味方の区別なく傷病者の救護にあたるため設立された救護団体「博愛社(1887年に日本赤十字社と改称)」を前身としています。本学の正面玄関前には、戦争に従軍し犠牲となった救護看護婦を慰霊する『救護看護婦像』がありますが、援けを必要とする人のために赤十字の人道の理念を継いでいくことが本学の使命です。

 本学の教育目標は、人道の理念に基づき、広い視野を持ち社会の変化に対応して貢献できる看護専門職の育成です。そのため、1~4年生の授業科目に「赤十字原論」「赤十字救急法」などを置き、授業外でも「赤十字防災キャンプ」や「赤十字スタディツアー」の活動機会を設けるなど、赤十字の理念を基盤とした教育を展開しています。また、社会の変化に伴い看護も新たな状況への対応が求められます。そのため、学習者自身が問題に自ら「気づき」、解決する方法を「考え」、そして「行動する」態度と能力を身につけるため、PBL(問題基盤型学習)などのアクティブ・ラーニングを1年次から取り入れています。

 赤十字の学生として、「気づき」「考え」「行動する」態度と能力を、自ら育んでいきましょう。