写真:看護師のKさんとAさん

一日でも早く病院スタッフの一員として必要とされる存在になります。

看護師

Kさん

2017年度卒業秋田赤十字病院

秋田赤十字病院の循環器・呼吸器の患者様がいる病棟に勤務しています。毎朝のバイタルサイン測定はもちろん症状に合わせて対応したり、時には医師や上司と相談して患者様が今必要としている看護について、―緒に考えていきます。また必要に応じて専門看護師やリハビリスタッフに助言をもらったりなど他職種連携を積極的に行っています。
在学中のPBLの学習経験によって自分に何が足りないのかを知ることができ、グループメンバーと意見交換を行うことで新しい視点を見つけることができました。病院でもコミュニケーションスキルはもちろん、様々な医療関係者とかかわる機会が多いので意見交換の際に役立っています。「人を大切にする」という理念を常に意識しながら、必要とされる看護師になります。

患者様やご家族と深い信頼関係を築けるようにスキルアップしたい。

看護師

Aさん

2017年度卒業秋田赤十字病院

私は急性期における看護に興昧があり、外科病棟を志望し秋田赤十字病院の消化器外科、乳腺外科、婦人科外科の混合病棟で働いています。手術を目的に入院される方が主で術前から術後まで経過を追いながら看護を行っています。手術に対する不安を抱えている方も多いため、心に寄り添い患者様としっかり向き合う姿勢はとても大切だと感じています。
大学のカリキュラムで魅力の一つであるPBLを通して、問題解決能力や判断力を身につけることができ、実際の医療現場でも自らの力で患者様の状況を捉えることにつながっています。
これから看護師を目指す皆さん、自分がなりたい看護師像を思い描きながら学んでください。勉強が大変な時もきっと乗り越えることができます。理想の看護師を一緒に目指しましょう。

coming soon

患者様からの「ありがとう」が私のモチベーションに繋がつています。

看護師

Sさん

2017年度卒業盛岡赤十字病院

大学で赤十字の理念や活動について学び、自分も赤十字の員として働きたいと思い、出身地である盛岡赤十字病院の泌尿器科で働いています。泌尿器、生殖器の疾患による手術前後の急性期看護から透析を行う患者様への慢性期看護を行っています。入院中だけでなく退院後の生活を見据えて指導や教育的かかわりを行うことが難しいですが、患者様からの感謝の一言がいつも仕事の励みになっています。
看護師として2年目ですが、まだまだ必要とされる知識や技術はたくさんあります。大学で学んだ基礎を忘れずに一人ひとりに的確な看護を行っていきたいです。在学中に保健師の免許を取得する際に学んだ在宅の視点を生かして、患者様やご家族を支えられる様になりたいです。

coming soon

看護師として経験を重ね将来は災害時にも対応できる看護師へ。

看護師

Iさん

2016年度卒業函館赤十字病院

函館赤十字病院の整形外科に勤務しています。外傷で入院される患者様がほとんどで、疼痛コントロールを図りながらADL(日常生活動作/食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動)を維持・拡大して不安なく退院できるよう心がけています。
私は災害看護について少しでも多く学びたいという気持ちから、曰赤秋田着護大学へ入学しました。在学中は授業や実習の他にRCDWS(全国の赤十字6大学の学生が集まり災害について学ぶワークショップ)や防災キャンプに参加してより実践的に学ぶことができました。将来的には経験を積んで赤十字の救護班として活動したいと考えています。そのためにも患者様一人ひとりと向き合い自分を磨き、災害時にも対応できる看護師になれるよう頑張ります。

coming soon

日々の業務から経験を積み幅広い視点と専門性を高めていきたい。

保健師

Kさん

2015年度卒業大仙市地域包括支援センター

高校生の時には保健師という職業を知りませんでしたが、大学での講義・実習等を通してその職業観や魅力に惹かれました。現在は「地域包括支援センター」という高齢者の総合相談窓口として、ケアマネジャー・社会福祉土・事務職の方々と共に高齢者の生活の支援をする部署で勤務しています。その中で、健際づくりの一環として「介護予防」分野を担当し、健康訪問はもちろん保健師の先輩方にご指導いただきながら介護予防・認知症予防に関する様々な教室の企画や運営に取り組んでいます。
保健師は、地域の身近な医療職として疾病の予防や生活課題の解決という視点から関与していくため、様々な分野においてオールマイティでなければならないと考えています。日々の業務の中で専門性を高めると共に、一人ひとりの生活に寄り添える存在でありたいと思います。

coming soon

生と死が同時に起こる職場で プロとしての自覚や責任を貫く。

助産師

Oさん

2014年度看護学部卒業 2016年度大学院修了JA秋田厚生連 北秋田市民病院

看護学部を卒業後、大学院の助産学専攻を修了し、現在は「助産師」として勤務し、妊産褥婦、新生児のケア、例えばリスクを抱えた妊婦さんの看護や分娩介助、分娩後の母親の乳房管理や様々な指導、生まれたばかりの新生児の看護をしています。私の勤務している病棟は混合病棟なので、産婦人科だけではなく、様々な疾患を抱えた患者様も入院している内科もあるため、「看護師」としての業務も担当しています。
学生時代のPBLを通じて自己探求心が身に付き、気付きについて仲間同士で話し合い、答えを導き出す。このような過程は医療の現場で大きな事故を防ぐため、患者様の命を守るためにとても 大切なことだと思います。医療の現場は予想以上にシビアな世界ですが、患者様からの感謝の言葉が一番の喜びです。