看護師資格取得のための学習をベースとして、教育職員としての教職教養、 養護教諭の専門性を身につけたプロフェッショナルな「養護教諭」の養成と、 健やかな子どもの教育に貢献できる、人間性豊かな人材の育成を目指します。

 

養護教諭

養護教諭(保健室の先生)とは

 養護教諭とは学校教育法で規定されている「養護をつかさどる」(学校教育法第37条)教育職員であり、小・中・高の学校教育現場で心身の健康管理・保健教育を担当する、専門知識を備えた教員です。一般には「保健室の先生」といわれ、保健室を拠点とし、学校における教育活動を通じた心身の健康づくりによって、子どもの発育・発達を支援し、学校保健活動の推進にあたって中核的な役割を果たしています。近年、メンタルヘルスやアレルギー疾患などの子どもの現代的な健康問題の多様化、さらにいじめ・ 児童虐待などの早期発見・早期対応を図るために、養護教諭に寄せられる期待はますます大きくなっています。
 養護教諭になるには、養護教諭の免許状に関する教職課程のある大学・短期大学等で必要単位を修得して卒業し、各都道府県教育委員会に授与申請を行い、教員免許状を取得することが必要となります。教員免許状には、一種免許状(大学卒業相当)、二種免許状(短期大学卒業相当)、専修免許状(大学院修了相当)の3つの区分があります。

 

養護教諭

本学で養護教諭をめざす

 日本赤十字秋田看護大学看護学部では、2018(平成30)年4月の入学者から、養護教諭の教職課程を履修し、所定の単位を修得することにより、卒業と同時に「看護師国家試験受験資格」とともに「養護教諭一種免許状」の取得が可能になりました。
 これまでも本学では、看護学部卒業後に「保健師免許」を取得し、都道府県の教育委員会において、必要な申請手続きを取ることで「養護教諭二種免許状」の取得が可能となっていますが、これからは卒業と同時に「看護師国家試験受験資格」とあわせて「養護教諭一種免許状」が取得可能となり、学生の進路選択の幅がいっそう広がることが期待されます。

 

養護教諭になるためのプロセス

 

小笹典子先生

担当教員からのメッセージ

  赤十字の看護大学は全国に6つありますが、養護教諭一種免許状が取得できるのは、本学だけです。これまで秋田県内には養成機関がなく、県外に進学しないと取得できませんでしたが、2018年度から本学の看護学部が唯一の養成機関として「看護師国家試験受験資格」と「養護教諭一種免許状」が同時に取得できる、新しいカリキュラムがスタートしました。
 教育現場ではアレルギー対策やメンタルヘルスの問題、そのために教職員との連携等、さまざまな課題が山積しており、それらに対応できる専門職である養護教諭へのニーズは高いものがあります。養護教諭を目指して入学してきた学生たちは、二つの資格、免許を取得できることから進学先に本学を選び、目的意識をもって、さまざまな授業科目の学修に意欲的に学んでいるところです。是非、本学で学び、未来を背負う子どもたちのために、教育の現場で働く養護教諭になりませんか?次世代を見据えたこれからの養護教諭の歴史に、大きな一歩を踏み出すことになると思います。
看護学部特任教授  小笹 典子

 

養護教諭として活躍する卒業生のメッセージ
写真:Cさん

子どたちの輝く笑顔が、全ての原動力。

養護教諭

Cさん

出身高校/盛岡白百合学園高等学校

秋田県仙北市出身。日本赤十字秋田看護大学看護学部を2017年3月卒業後、北海道教育大学養護教諭特別別科へ進学し、養護教諭ー種免許状を取得。2018年4月より秋田県内の小学校にて養護教諭として勤務。

看護師志望から養護教諭の道へ

当初は看護師を志望していました。私の母が看護師で、仕事をしている姿を小さい頃から見て育ったため同じ道を目指す気持ちでした。在学中の実習で子どもたちとかかわる機会があり、自分に向いているのは養護教諭なのでは?と思い4年生の夏に急遽進路を変えました。やはリ子どもが好きだということが一番の理由です。

一人ひとりの心身に寄り添う仕事

養護教諭として勤務2年目になります。児童数が100名余りの朗らかであたたかい小学校です。のびのびと学び遊べる環境の中で、子どもたちは思いがけない怪我や体調不良などで保健室に足を運んできます。その際の適切な応急処置や症状が治るまでベッドで休ませたりすることなど、臨機応変に対応することが求められます。安心して学校生活が送れるように児童の体調面だけではなく精神面との両方でサポー トすることが大きな役割です。働きはじめてから改めて学生時代に学んだ傷病時のケアをはじめ、コミュニケーション技術、学童期・思春期の幅広い発達段階に適した関わり方など今の私の基礎となっていると思います。

子どもたちと共に日々成長

「保健室の先生」いわゆる養護教諭の仕事はとても奥深く、子どもたちから学ぶことが多々あります。新任時は備品の所在も分からずの状況でしたが、今では子どもたちみんなの顔と名前はもちろん健康状態もしっかり把握できるようになリました。小学生の高学年になると悩みの相談が増えたりするなど、メンタル面のケアも大切な役割だと痛感します。子どもたちの話を最後まで聞き、丁寧に受け止めて私なリのアドバイスをしています。答えは一つでは無いというところがこの仕事の奥深さでもあり、中学校へ送り出す責任とやりがいを感じながら、私自身も一歩前進の毎日です。現状に満足することなく、常に向上心をもって歩んでいきたいど思います。