学士課程教育の方針

日本赤十字秋田看護大学看護学部では、学士課程教育の「入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)」「教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)」「学修成果の評価の方針(アセスメント・ポリシー)」及び「卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)」を次のとおり定め、全学を挙げて学生の学習を支援します。
アドミッションポリシー

入学者受け入れの方針

看護学部では、赤十字の理念「人道・博愛」の精神に共感し、自ら学び、考え、行動しようとする人に以下のとおり、入学者受け入れの方針を定めています。

求める学生像
  • 看護を学ぶ上で基礎となる学力を有している人。
  • 国内外の様々な出来事に関心があり、自分の意見を表現できる人。
  • 赤十字の活動に関心があり、保健・医療・福祉の分野で活躍したい人。
  • 様々な物事に着目し、根気強く探求できる人(自己研鑽)。
  • 人との関わりを大切にし、積極的に他者と交流できる人(人間の尊厳・人権・倫理観・誠実性・コミュニケーション)。
  • 自分の健康管理ができる人。

入学前に身につけてきてほしいこと
  • 看護学を学ぶ基盤として、高等学校までに学んだ基礎学力を身につけている。
  • 国内外で起きている様々な出来事に関心を持っている。
  • 相手の話をよく聞き、自分の考えをまとめ表現できる。
  • 問題に自ら向き合い他者と協力して解決しようとする姿勢がある。
  • 規則正しい生活と学習習慣を身につけている。

入学者選抜の基本方針
調査書や学力試験から「知識」を、小論文と志望理由書などから「思考力・判断力・表現力」を、調査書・特別活動・面接などから「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」について、客観的に評価する。
上記をふまえ、本学で実施する選抜方法は以下のとおりとする。
  • 1)学校長の推薦を重視する公募制推薦入学試験、指定校制推薦入学試験
  • 2)赤十字病院長・赤十字支部長推薦を重視する赤十字特別推薦入学試験
  • 3)社会人・学士としての経験を活かして修学する社会人・学士等入学試験
  • 4)学力を重視する一般入学試験、大学入試センター試験利用入学試験 
カリキュラムポリシー

教育課程の編成・実施に関する方針

  1. 赤十字の基本理念を基盤とした人材、そして豊かな人間性、医療人に必要な倫理観や国際的視野を養うために、「基盤教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」「赤十字」の4科目群からカリキュラムを構築し、地域特性を鑑みた特色のある教育を行います。
  2. 「基盤教育科目」では、人間の「心」と「身体」、「社会・文化・自然」、「情報」、及び「国際化社会」に関する科目を設定し、人間を対象とする高い倫理観、柔軟性、そして教養を涵養するための科目を設定します。
  3. 「専門基礎科目」、「専門科目」では、超高齢多死社会で活動する看護職に必要な保健・医療・福祉に対する知識、技術、態度を修得するために、基礎的な科目、そして発展的な科目を配置します。
  4. 「赤十字」では、赤十字の基本理念と国内外の救援を担う看護活動を理解し、それらに柔軟に対応できるよう問題基盤型学習PBL(Problem Based Learning)を基に、思考力と的確な判断力、コミュニケーション力を養うための科目を配置します。
  5. 各科目において学生の主体的学習を推進するため、学習時間の確保を図る等、教育内容の統合を行います。
アセスメント・ポリシー

学修成果の評価の方針

本学看護学部では、教育の成果を可視化し、教育改善を恒常的に実施する目的で、ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーの3つのポリシーに基づき、機関レベル(大学)、教育課程レベル(学部・学科)、科目レベル(授業・科目)の3段階で学修成果を評価する方法を定めています。

  1. 機関レベル

    学生の志望進路(就職率、資格・免許を活かした専門領域へ就業率及び進学率、退学率等)から学修成果の達成状況、卒業後のキャリアと大学での学びの関連性について評価します。検証結果は、日本赤十字秋田看護大学の現状把握、全学的な教育改革・改善、学生・学習支援の改善等に活用します。

  2. 教育課程レベル

    学部・学科の所定の教育課程におけるディプロマ・ポリシー達成状況(単位取得状況・GP・GPA)、資格・免許の取得状況から教育課程全体を通した学修成果の達成状況を評価します。また、学年ごとの単位取得率・成績分布の状況を評価し、学士力における汎用的技能と態度・志向性(問題解決力、主体的学習力、コミュニケーション能力)について、アクティブ・ラーニング(PBL:Problem Based Learning)(TBL:Team Based Learning)の学修成果を基盤として評価します。

  3. 科目レベル

    シラバスで提示された授業等科目の学修目標に対する評価及び学生アンケート等の結果から、科目ごとの学修成果の達成状況を評価します。

ディプロマポリシー

卒業認定・学位授与に関する方針:卒業時に期待される能力

看護学部では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 赤十字の基本原則を理解し、人間の尊厳と権利を尊重して行動できる豊かな人間性を身につけている。
  2. 人間を統合的に捉え、人々の健康と生活の質を高める看護を実践できる基礎的な能力を身につけている。
  3. 多職種と連携、協力し少子高齢多死社会における生活者の保健・医療・福祉の向上に寄与できる基礎的な能力を身につけている。
  4. 国内外の社会変化を的確に把握し看護の分野における専門職として学習を継続する能力を身につけている。
  5. 救護に関する組織的活動ができる基礎的な能力を身につけている。
アドミッション・ポリシー 各大学が,当該大学・学部等の教育理念,ディプロマ・ポリシー,カリキュラム・ポリシーに基づく教育内容等を踏まえ,入学者を受け入れるための基本的な方針であり,受け入れる学生に求める学習成果(学力の3要素※)を示すもの。
※(1)知識・技能,(2)思考力・判断力,表現力等の能力,(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度

ポリシーの策定に当たっての個別留意事項
ディプロマ・ポリシー及びカリキュラム・ポリシーを踏まえるとともに,「学力の3 要素」を念頭に置き,入学前にどのような多様な能力をどのようにして身に付けてきた 学生を求めているか,入学後にどのような能力をどのようにして身に付けられる学生を求めているかなど,多様な学生を評価できるような入学者選抜の在り方について,できる限り具体的に示すこと。また,必要に応じ,入学前に学習しておくことが期待される 内容についても示すこと。

 

ディプロマ・ポリシー 各大学がその教育理念を踏まえ,どのような力を身に付ければ学位を授与するのかを定める基本的な方針であり,学生の学修成果の目標ともなるもの。

ポリシーの策定に当たっての個別留意事項
・ 各大学の教育に関する内部質保証のためのPDCAサイクルの起点として機能するよ う,学生が身に付けるべき資質・能力の目標を明確化すること。
・ 「何ができるようになるか」に力点を置き,どのような学修成果を上げれば卒業を認 定し,学位を授与するのかという方針をできる限り具体的に示すこと。その際,学士課 程答申で示された「各専攻分野を通じて培う学士力~学士課程共通の学習成果に関する 参考指針~」を踏まえるとともに,日本学術会議の「大学教育の分野別質保証のための 教育課程編成上の参照基準」等も参考とすることが考えられること。
・ 学生の進路先等社会における顕在・潜在ニーズも十分に踏まえた上で策定すること。

 

カリキュラム・ポリシー ディプロマ・ポリシーの達成のために,どのような教育課程を編成し,どのような教育内容・方法を実施するのかを定める基本的な方針。

ポリシーの策定に当たっての個別留意事項
・ ディプロマ・ポリシーを踏まえた教育課程編成,当該教育課程における学修方法・学 修過程,学修成果の評価の在り方等を具体的に示すこと。その際,能動的学修の充実等, 大学教育の質的転換に向けた取組の充実を重視すること。
・ 卒業認定・学位授与に求められる体系的な教育課程の構築に向けて,初年次教育,教 養教育,専門教育,キャリア教育等の様々な観点から検討を行うこと。特に,初年次教育については,多様な入学者が自ら学修計画を立て,主体的な学びを実践できるように する観点から充実を図ること。

 

アセスメント・ポリシー 学生の学修成果の評価(アセスメント)について、その目的、達成すべき質的水準及び具体的実施方法などについて定めた学内の方針。

〈参考:「卒業認定・学位授与の方針」(ディプロマ・ポリシー),「教育課程編成・実施の方針」(カリキュラム・ポリシー)及び「入学者受入れの方針」(アドミッション・ポリシー)の策定及び運用に関するガイドライン(平成28年3月31日 中央教育審議会大学教育部会)