学士課程教育に関する3つのポリシー

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

入学者受け入れの方針

本学では、赤十字の理念「人道・博愛」の精神に共感し、自ら学び、考え、行動しようとする人に以下のとおり、入学者受け入れの方針を定めています。

求める学生像
  • 看護を学ぶ上で基礎となる学力を有している人。
  • 国内外の様々な出来事に関心があり、自分の意見を表現できる人。
  • 赤十字の活動に関心があり、保健・医療・福祉の分野で活躍したい人。
  • 様々な物事に着目し、根気強く探求できる人(自己研鑽)。
  • 人との関わりを大切にし、積極的に他者と交流できる人(人間の尊厳・人権・倫理観・誠実性・コミュニケーション)。
  • 自分の健康管理ができる人。

入学前に身につけてきてほしいこと
  • 看護学を学ぶ基盤として、高等学校までに学んだ基礎学力を身につけている。
  • 国内外で起きている様々な出来事に関心を持っている。
  • 相手の話をよく聞き、自分の考えをまとめ表現できる。
  • 問題に自ら向き合い他者と協力して解決しようとする姿勢がある。
  • 規則正しい生活と学習習慣を身につけている。

入学者選抜の基本方針
調査書や学力試験から「知識」を、小論文と志望理由書などから「思考力・判断力・表現力」を、調査書・特別活動・面接などから「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」について、客観的に評価する。
上記をふまえ、本学で実施する選抜方法は以下のとおりとする。
  • 1)学校長の推薦を重視する公募制推薦入学試験、指定校制推薦入学試験
  • 2)赤十字病院長・赤十字支部長推薦を重視する赤十字特別推薦入学試験
  • 3)社会人・学士としての経験を活かして修学する社会人・学士等入学試験
  • 4)学力を重視する一般入学試験、大学入試センター試験利用入学試験 
カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施に関する方針)

教育課程の編成・実施に関する方針

  • 1. 赤十字の基本理念を基盤とした人材、そして豊かな人間性、医療人に必要な倫理観や国際的視野を養うために、「基盤教育科目」「専門基礎科目」「専門科目」「赤十字」の4科目群からカリキュラムを構築し、地域特性を鑑みた特色のある教育を行います。
  • 2. 「基盤教育科目」では、人間の「心」と「身体」、「社会・文化・自然」、「情報」、及び「国際化社会」に関する科目を設定し、人間を対象とする高い倫理観、柔軟性、そして教養を涵養するための科目を設定します。
  • 3. 「専門基礎科目」、「専門科目」では、超高齢多死社会で活動する看護職に必要な保健・医療・福祉に対する知識、技術、態度を修得するために、基礎的な科目、そして発展的な科目を配置します。
  • 4. 「赤十字」では、赤十字の基本理念と国内外の救援を担う看護活動を理解し、それらに柔軟に対応できるよう問題基盤型学習PBL(Problem Based Learning)を基に、思考力と的確な判断力、コミュニケーション力を養うための科目を配置します。
  • 5. 各科目において学生の主体的学習を推進するため、学習時間の確保を図る等、教育内容の統合を行います。
ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針:卒業時に期待される能力)

卒業認定・学位授与に関する方針:卒業時に期待される能力

本学では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生の卒業を認定し、学位を授与します。

  • 1.赤十字の基本原則を理解し、人間の尊厳と権利を尊重して行動できる豊かな人間性を身につけている。
  • 2. 人間を統合的に捉え、人々の健康と生活の質を高める看護を実践できる基礎的な能力を身につけている。
  • 3. 多職種と連携、協力し少子高齢多死社会における生活者の保健・医療・福祉の向上に寄与できる基礎的な能力を身につけている。
  • 4. 国内外の社会変化を的確に把握し看護の分野における専門職として学習を継続する能力を身につけている。
  • 5. 救護に関する組織的活動ができる基礎的な能力を身につけている。