学士課程教育に関する3つのポリシー

アドミッションポリシー
入学者受け入れ方針:求める学生像
  • 看護を学ぶ上で基礎となる学力を有している人。
  • 国内外の様々な出来事に関心があり、自分の意見を表現できる人。
  • 赤十字の活動に関心があり、保健・医療・福祉の分野で活躍したい人。
  • 様々な物事に着目し、根気強く探求できる人(自己研鑽)。
  • 人との関わりを大切にし、積極的に他者と交流できる人(人間の尊厳・人権・倫理観・誠実性・コミュニケーション)。
  • 自分の健康管理ができる人。
カリキュラムポリシー
教育課程の編成・実施に関する方針
本学では、その教育理念に基づき、広い教養を持った看護専門職を養成するため、以下のような方針に基づいてカリキュラム(教育課程)を編成している。
  • カリキュラム編成の基本となる主要概念を「人間」、「環境」、「健康」、「赤十字」、「看護」としている。これらの各概念に沿った学習内容(授業科目)を置くことにより、系統的な学習が行えることを意図している。
  • 授業科目は、人間の本質を追究する「基礎分野」と、人間の健康生活を理解し働きかけることができる基本となる知を高める「専門基礎分野」また、これらを応用することにより人々の健康生活に働きかける知と技を高める「専門分野」で構成されている。
  • 基礎分野は、幅広い教養と総合的な判断力および豊かな人間性を涵かんよう養するため、「人間の心と身体を理解するための知と技術」、「人間と社会・文化に関する知」、「人間と情報に関する知と技術」、「人間と自然に関する知」および「国際化社会を生きるための人間に必要な知と技術」の領域からなる科目を設定。
  • 専門基礎分野は、保健学・医学・社会福祉学等、看護学を実践展開するために必要な専門的基盤として「人間と健康」「疫病と治癒過程」および「保健医療福祉」の領域からなる科目を設定。
  • 専門分野は、基礎分野・専門基礎分野で学んだことを実践と統合し、看護をあらゆる角度から研究的に探求することを目指すために必要な「基礎看護学領域」、「臨床看護学領域」、「広域看護学領域」および「展開看護学領域」からなる科目を設定。
ディプロマポリシー
卒業認定・学位授与に関する方針: 卒業時に期待される能力
本学では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、卒業、学位が認定される。
  • 1.知識・理解
    1. 多様な価値観や文化的背景を持つ人々と向き合う力を養うための幅広い教養を身につけている。
    2. 看護に必要な専門的知識を身につけている。
    3. 看護実践に求められるマネジメント能力の必要性を理解している。
  • 2.思考・判断
    1. 人間を統合的に捉え、人々の健康と生活の質を高める看護を実践できる基礎的能力を身につけている。
  • 3.関心・意欲
    1. 保健・医療・福祉関連分野の動向に関心を寄せ、看護のあり方を理解している。
    2. 専門職として生涯にわたり主体的に学び続ける姿勢を身につけている。
  • 4.態度
    1. 赤十字の基本原則を理解し、人間の尊厳と権利を尊重し擁護する姿勢を身につけている。
    2. 地域の人々の保健医療課題を積極的・自発的に解決しようとする能力を身につけている。
    3. 看護者として、責任ある行動がとれる能力を身につけている。
  • 5.技能・表現
    1. 対象に必要な看護ケアを科学的根拠に基づき安全に実施するための技術を身につけている。
    2. 地域住民、患者、家族、保健・医療・福祉に関わる人々と連携・協働するために必要な、相手の立場を尊重したコミュニケーション能力を身につけている。