社会に貢献できる
“人”を支える看護師・助産師へ。

看護学部

助教 渡邊 美奈子

coming soon
 

 母性看護学は、生命の誕生や子ども、性・生殖、家族や社会との関連について支援の在り方を考える、”人”の生涯にかかわる専門領域です。近年では、女性の役割の多様化、晩産化と少子高齢化、母子をめぐる生活環境の変化などにより母性看護の役割はますます拡大しています。助産学は、お産のサポート(分娩介助)も重要です。親よりも早く、新しく誕生してくる神々しい赤ちゃんに触れる、この世に赤ちゃんを迎える役割を担っています。

 人の生き死にという根源的な出来事のそばで、人に寄り添うことが看護師、助産師の一番大切な役割であると感じています。あなたが寄り添うことで救われる人がいます。

 本学では看護学部で看護師教育、大学院で助産師教育を行っています。社会に貢献できる、”人”を支える看護師・助産師を目指して一緒に歩んでいきましょう。

秋田だからこそ学べることがた
たくさんあります。

看護学部

助教 渡邊 正樹

写真:助教 渡邊正樹
 

 本学では、赤十字の「人道:Humanity」の理念を基調とし、国内外を問わず保健・医療・福祉の向上に寄与できる看護専門職者を育成しておリます。皆さんもご承知のとおり、秋田は少子高齢化が最も先行していると言われておりますが、私は秋田だからこそ全国に先駆けて学べることがたくさんあると考えております。

 本学では看護師国家試験受験資格に加えて、養護教諭 種免許状(選択制)または、保健師国家試験受験資格(選択制)を取得することができます。「赤十字の人道:Humanity」を「秋田」で学び、なりたい看護専門職者を目指すことで、皆さんの可能性は広がるのではないでしょうか。

 次世代を担う皆さんのご入学を、心よりお待ちしております。