行動力のある看護師を目指し、多くの実践的な学びをしっかり吸収しています。

Nさん

看護学科2年/北海道千歳高等学校卒業

日赤ならではの災害看護を学びたいという思いがきっかけで入学しました。実践的な災害救護訓練や防災キャンプなど幅広い分野で看護学を学べるところが魅力です。高校時代に先生から勧められて読んだ生命倫理や医療関係の書籍は、自分なりの看護の考え方や看護学全ての礎になっていると思います。

将来は看護師になって救急や小児科の分野で貫献したいと考えています。また経験を積んで災害看護にもかかわれるように、大学で学べるたくさんのことはもちろん赤十字の国際人道法教育フォーラムや海外研修などに積極的に参加して、知識と経験を磨いていきます。

日赤で活躍できる看護師になるために日常の学びをコツコツと。

Sさん

看護学科2年/福島県立福島南高等学校卒業

小学生の頃に起こった東日本大震災で、災害救護や支援、復興への活動を精力的に続けている赤十字の存在を知り、人を支える看護という分野に興昧がわきました。私も赤十字の看護師として、多くの方々を支えていきたい気持ちで入学しました。

目標に向かって看護師に必要な知識や技術をしっかり学べる環境、看護各領域のプロフェッショナルである先生方の指導はとても心強いです。また隣接する秋田赤十字病院では、現場で必要とされるノウハウを的確に学ぶことができています。とても恵まれた環境に日々のモチベーションは高まります。

一人ひとりの患者さんに笑顔で寄り添える看護師になることが目標です。

Kさん

看護学科3年/盛岡白百合学園高等学校卒業

病院にお世話になった際に、不安だらけだった私の側で安心感を与えてくれた存在、それが看護師でした。患者さん一人ひとりに寄り添い、仕事に向き合う姿勢を見て進みたい道が自ずと決まつていました。

看護を学ぶ学校は多々あリましたが、オープンキャンパスで実際に日赤秋田看護大学の環境に触れて、充実の実習施設や幅広いカリキュラムが魅力的でこの大学を選びました。また何よりも赤十字だからこそ学べる災害看護をはじめ、災害時に何をすべきなのかリアルに体得できる学校は他にはありませんでした。東日本大震災を経験している私にとって意義深い学びに溢れています。

気付きのレベルを高め観察力や判断力の優れた看護師になります。

Yさん

護学科3年/秋田県立秋田北高等学校卒業

私は高校卒業後に服飾の専門学校からアパレルの世界へ就職し、販売やデザイン制作を行っていました。お客様とのかかわりの中で、病気になられた方々へ何もできない立場に歯がゆさを感じていました。悲しい別れを経験したこともあり、直に人の役に立てる看護師になりたいと決意し入学を決めました。また赤十字の理念や活動に魅かれ、災害時に少しでも自分が貫献できるようになりたいという気持ちも強く、この大学でしっかり学びたいと思いました。

社会人経験を経て、接客を通じて培われた気遣いやコミュニケーション術は実習の際に役立っています。新しい世界への挑戦は、日々の学びで大きく拓いています。