佐藤 里香さん
看護学科

佐藤 里香さん

山形県鶴岡市出身/山形県立鶴岡北高等学校卒業

東日本大震災をきっかけに、看護師という仕事について意識するようになりました。現在、老年看護学実習や在宅実習など、一人ひとりを考えた個別的なケアを重点的に学んでいます。将来は認知症の認定看護師になることが夢です。全員同じケアではなく、その人の家族背景を考えながら細やかなケアができるような看護師になりたいと思います。

寺口 萌さん
看護学科

寺口 萌さん

岩手県盛岡市出身/盛岡白百合学園高等学校卒業

母と同じ看護師になりたいという思いがあり、災害看護も学べる日本赤十字秋田看護大学を選びました。東日本大震災のとき、地元岩手にいましたが被害は受けず、同じ岩手なのに何も知らないことに気がつきました。将来は看護師として地元に貢献したいです。大学生活は授業にアルバイトに毎日が充実しています。寮では先輩との交流もあり、楽しく過ごしています。

徳田 風花さん
看護学科

徳田 風花さん

北海道北斗市出身/北海道函館西高等学校卒業

高校生のとき、函館赤十字病院で看護体験をしたことがきっかけで赤十字の活動に興味を持ちました。東日本大震災のときはテレビで見ているだけだったので、将来は災害現場で被災者の方々の役に立ちたいです。毎日授業やテスト、実習などで1日があっという間に過ぎてしまいます。今は新しいアルバイトも始めて、忙しいながらも充実した日々を送っています。

  • 学生の声01 休み時間には、友人と話したり、授業の内容を復習したりと、有意義に過ごします。
  • 学生の声02 放課後、実習室を使って演習の練習をすることもあります。
  • 学生の声03 昼休みは友達とワイワイ。ランチタイムは学食で。手作りのお弁当を持参したり、売店で買って食べる人も。
  • 学生の声04 チームでやることで張り合いがでます。
  • 学生の声05 小児看護学では、赤ちゃんの人形を使って小児への援助方法を学びます。