工藤 智亮さん
看護学科

工藤 智亮さん

秋田県秋田市出身/秋田県立秋田中央高校卒業

1年次から看護の専門的知識を学ぶことができ、早い段階からの実習などを通じて技術に磨きをかけることができると感じ、入学しました。PBLというグループ活動を通じ、学生同士の活発なディスカッションや情報共有ができ、自らの力で患者の状況を捉える力を養うことができます。将来は保健師になりたいと考えています。

小笠原 菜緒さん
看護学科

小笠原 菜緒さん

岩手県二戸市出身/岩手県立福岡高等学校卒業

自分の意見を相手に伝えることが苦手だったため、PBLというカリキュラムに魅力を感じました。実習を行う病院が隣接している環境にも惹かれ、この大学を志望しました。患者さんにとって家族のように寄り添い、支えられるような看護師を目指して基礎的な知識や技術はもちろん、それぞれの患者さんに柔軟に対応できる力を身につけたいと考えています。

菅原 理穂さん
看護学科

菅原 理穂さん

秋田県由利本荘市出身/秋田県立由利高等学校卒業

入学を検討し参加した本学のオープンキャンパスで、災害救護に対する興味を持ちました。また、充実した設備にも魅力を感じ、この大学を選びました。現在は看護師に必要な知識を身につけられるよう、疑問点をそのままにせず、理解を深めるようにしています。また日頃から多くの方と交流することを心がけ、コミュニケーション力を高めていきたいと考えています。

竹内 葉月さん
看護学科

竹内 葉月さん

青森県弘前市出身/青森県立弘前高等学校卒業

災害看護に興味があり、国内にとどまらず、世界中に広がる赤十字のネットワークの広さ、国際関係にも力を入れている実績に惹かれて入学を決意しました。大学の隣に病院があることで、普段から患者さんを身近に感じながら学んでいます。PBL というこの大学ならではの授業により、アセスメントや疾病の知識を自分たちで詳しく学べることも魅力です。

吉田 篤司さん
看護学科

吉田 篤司さん

秋田県秋田市出身/秋田県立秋田西高等学校卒業

高校生のときに赤十字の精神を知り、感銘を受けました。看護師を目指す上で、知識・技術はもちろん、赤十字の精神を学びたいと思い、進学しました。先生たちが実体験を基にした授業を行ってくれることや、病院が隣接している環境など充実した学習環境に加え、災害救護についても学べることが魅力です。将来は看護師として「地元秋田」の医療に貢献したいと考えています。

  • 学生の声01ミーティング場所もいろいろあるよ!
  • 学生の声02
  • 学生の声03