coming soon

利用者の笑顔の日々を支える、唯一の存在を目指します。

介護職員

Mさん

2014年度卒業日本赤十字社総合福祉センター 特別養護老人ホーム レクロス広尾

特別養護老人ホームで利用者の方の生活を支えるサポートをしています。日本赤十字社が運営する複合型の総合施設のため、赤十字の理念のもとでケアを提供できる点と、様々な分野で経験が積めると思いこの施設を志しました。

学生時代に学んだ介護技術が基礎となり、日々変化していく利用者の状態に合わせたケアの提供が行えています。またレクリ工ーションインストラクター資格があるため、行事の企画や開催にかかわることも多く、皆様により喜んでもらえる工夫を常に行うなど、多岐に渡る展開に役立っています。対人援助職である福祉の現場は日々驚きや学びが多く、時には悩むこともありますが利用者の方々の笑顔に支えられ、明日のやりがいに繋がっています。

coming soon

介護福祉士は、自分自身も成長できる素敵な仕事です。

介護職員

Kさん

2014年度卒業日本赤十字社埼玉県支部 特別養護老人ホーム 彩華園

職員同土が仲が良く、入居者一人ひとりに合ったケアを一生懸命に考え、意見を出し合える職場の環境に惹かれて選んだのが彩華園です。入居者の食事、入浴、さまざまな日常生活を快適に楽しく過ごしてもらえるお手伝いを通じ、多くのことを学んでいます。 人を支える介護福祉の仕事は大変なこともありますが、それが糧となって大きなやりがいや楽しさに繋がつていきます。人の優しさやあたたかさを直接感じることができる、かけがえのない職業だと思います。

改めて思い返すと、在学中に移乗介助やリネン交換など、基本をしっかり身に付けて卒業できたことは、とても強みになっています。さらにコミュニケーションカを磨いて、入居者の皆さんを笑顔に導く介護福祉士を目指します。

coming soon

利用者の方々の生活に寄り添えるように、精一杯頑張ります。

介護職員

Aさん

2015年度卒業日本赤十字社岩手県支部 特別養護老人ホーム 日赤鶯鳴荘

在学中に伺ったボランティアがきっかけで、日赤鶯鳴荘に介護福祉士として勤務しています。職員のアッ トホームな雰囲気や穏やかな環境に惹かれたという点と、地元である岩手県に頁献したかったという気持ちも強く、この職場を志望しました。学生時代に参加した様々なボランティア活動で得られた知識や考え方は、今でも大きな礎になっています。

介護福祉士は人と向き合う仕事なので、必ずしも思い通りにはいかないこともあります。ときにはストレスを感じることもあります。しかしそれでもこの仕事を続けたいと感じるのは、利用者の皆様と一緒に過ごす時間がそれ以上に楽しく充実しているからだと思います。その人らしく生活する、とはどういう事なのか、どのように支援していったらよいのか、常に考えながら前進していきます。

coming soon

介護職はとてもやりがいのある、無くてはならない仕事です。

介護職員

Tさん

2014年度卒業社会福祉法人成光会 介護老人保健施設 かみの里

短大を卒業後、大学へ編入学し社会福祉士の資格を取得しました。赤十字の理念をベースに学んだ実践的な授業や実習は、進学先や現在の勤務先でも自分の基礎となり、また短大時代の実習先だった施設で働いているというのも責重なご縁です。実習の際に感じたのは、職員の方々の介護に関する知識や姿勢が素晴らしかったことと、利用者の皆様へのかかわり方に対してとても憧れを抱き、この施設で働きたいと思ったことがきっかけでした。

日々の仕事はやはり体力勝負ですので、休日は遠くヘドライブしたり、美昧しい物を食べて美しい風景を観る等、オンオフのリフレッシュも大切です。今後は経験を重ねてケアマネジャー等の資格を取得し、スキルアップしていきます。

coming soon

生活相談員として、信頼される存在になりたい。

生活相談員

Mさん

2016年度卒業社会福祉法人秋田けやき会 特別養護老人ホーム やすらぎホームけやき

特別養護老人ホームの生活相談員として、利用者の方、利用者のご家族との相談や外部との連絡調整等を行っています。短大在学中に初めて実習で伺った場所でした。決められた業務をきちんとこなしながら、利用者の方々と目線を合わせコミュニケーションを取っている姿に感銘を受けました。多くの実践的な実習で得た介護技術や知識も大きな力になっていますが、赤十字概論で学んだ7つの基本原則は、現在でも自分の原動力になっています。

これから入学を志す皆さんに伝えたいことは、介護福祉の職業を目指すにはたくさんの壁があるかと思いますが、短大には同じ志を持った仲間が待っています。これからの秋田を支える介護福祉士を目指して、共に頑張りましょう。

過去の卒業生インタビュー

Mさん

利用者の方の楽しそうな笑顔が仕事のモチベーションに繋がります。

介護職員

Mさん

Momoko Muto

平成26年度卒業日本赤十字総合福祉センター レクロス広尾

高校生のころに特別養護老人ホームへボランティアに行ったことがきっかけで、今の職業を目指すようになりました。現在は特別養護老人ホームで入居者の方の生活を支えるお手伝いをしています。利用者の方が、若いころのお話や家族のお話を笑顔でしてくれるのを見ると、より居心地の良い時間を作っていきたいと感じます。短大で出会った仲間は就職後も同じ現場で頑張る大きな存在になります。短大での学びと出会いが充実した将来に繋がるよう、頑張ってください。

Kさん

皆さまから信頼していただける介護福祉士になることが目標です。

介護福祉士

Kさん

平成21年度卒業日本赤十字社埼玉県支部 特別養護老人ホーム 彩華園

職場体験やボランティアを通して介護の仕事に就きたいと思い、赤十字の教育施設で唯一の介護福祉学科への入学を決めました。赤十字の理念である人道の精神に基づいて学んだ2年間は、働いてからも私の強みになっています。対人援助職である介護の仕事は、状況に合わせた対応に難しさもありますが、その分やりがいを感じることも多く、利用者の方ときちんと向き合えたときや「ありがとう」の気持ちを伝えていただいたとき、この仕事を選んでよかったと感じます。これからも利用者の方に安心感を持っていただける介護福祉士を目指して努力を続けます。

Aさん

やりがいを感じることができるのが介護職の魅力だと思っています。

介護職員

Aさん

平成27年度卒業日本赤十字社岩手県支部 特別養護老人ホーム 日赤鶯鳴荘

介護福祉士になって2年が経ちます。毎日驚きや学ぶことがたくさんあり、悩むことも多いです。しかし、それが介護の楽しさであり、人を相手にする仕事の難しさだと感じています。介護の仕事は大変なことももちろんありますが、その分楽しいことや嬉しいことも多くあります。直接利用者の方と接することで、やりがいを感じることができる職種の一つであると思っています。皆さんにも、学生の間の実習などを通じて、介護職の魅力・楽しさを知ってもらいたいです。

Tさん

福祉の世界は魅力とやりがいがいっぱいです。

教員

Tさん

平成15年度卒業秋田県立六郷高等学校 福祉科教諭

介護福祉施設で働きたいという気持ちから、専門的な勉強をするために本学に入学しました。短大の学生時代、先生からの勧めで「福祉の担い手を育てる仕事」について知り、私も温かくて夢を語れる先生になりたいと考え、大学へ編入学し、高校福祉の教員免許を取得しました。おかげで、介護を仕事にする人に必要な資質や能力について学ぶことができたと思っています。福祉の仕事は魅力がたくさんで、やりがいがあります。充実していて楽しい世界です。これからの秋田の福祉を支える介護福祉士を目指して頑張ってください。

Wさん

人生の大先輩がたくさんの知恵と笑顔をくれます。

管理者兼生活相談員

Wさん

平成25年度卒業社会福祉法人 あけぼの会 歩行と言葉のリハビリ空間なごみ

現在は管理者兼生活相談員として勤務しています。利用者の方の自宅に事前訪問して状態を確認したり、時には現場に入り、利用者の方と一緒にリハビリのサポートを行ったりすることもあります。介護福祉現場では、日々のケアを通して、人生の大先輩から学ぶことがたくさんあります。介護福祉の仕事は、人の役に立ち「やりがい」と「働く喜び」を実感することができる素晴らしい仕事です。利用者の方の笑顔に支えられることも多くあり、その笑顔が仕事のやりがいにもつながっていると感じています。

Iさん

知的障がい者が地域の方々と関わりながら自立するのをサポートしたい。

支援員

Iさん

Junpei Ito

平成27年度卒業社会福祉法人慈泉会 サンワーク大曲 生活介護事業所

大学での障害者実習を通し、知的障がい者を支援する仕事をしたいと思い、現在の職業を目指しました。現在は、利用者とともに鶏を育て、その卵を地域に販売する活動を行っています。利用者が笑顔で鶏舎を清掃したり、餌やりをしている姿を見るたびに、この仕事に携われることができて良かったと感じています。大学で仲間や先生と出会えたことが大きな力となっています。高校生の皆さん、大学生活の中で自分が本当にやってみたいことをぜひ見つけてください。