短期大学士課程教育に関する3つのポリシー

アドミッションポリシー
入学者受け入れ方針:求める学生像
  • 1.知識・理解 入学後の修学に必要な専門性を追求する基礎学力を有している。
  • 2.関心・意欲 赤十字と介護福祉の諸問題に関心があり、介護福祉の分野で活躍する意欲を有する。
  • 3.思考・判断 物事を多面的に考え、自分の考えをまとめることができる。
  • 4.態度 学習や課外活動に積極的に関わるとともに、他者を理解し協調する態度を有する。
  • 5.技能・表現 他者の話を聞くこと、自分の意思を表現することができ、協働で物事を成し遂げることができる。
カリキュラムポリシー
教育課程の編成・実施に関する方針
本学では、建学の精神並びに教育方針を定め、教育目的や教育目標を達成するため、以下のように教育課程を編成する。
  • 1.教育課程は、次の6領域で編成する。
    1. 建学の精神である人道や赤十字の理解を深めるため「赤十字科目」を配置する。
    2. 一般教養や基礎的知識を幅広く学ぶため「基礎科目」を配置する。
    3. 介護の基盤となる教養や尊厳を身につけるため「人間と社会」を配置する。
    4. 介護を提供するための根拠を理解するため「こころとからだのしくみ」を配置する。
    5. 生活を支援するために必要な知識や技術、態度を習得するため「介護」を配置する。
    6. 医療的ケアの知識や技術を習得するため「医療的ケア」を配置する。
  • 2.高度な専門性を習得するため、1年次から専門科目を配置し、介護実習と連携させた編成とする。
  • 3.研究的な態度を養うため、研究に関する専門科目を配置する。
  • 4.問題解決能力を養い、技能や表現を学ぶため、少人数形式の科目を配置する。
ディプロマポリシー
卒業認定・学位授与に関する方針: 卒業時に期待される能力
本学では以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生は、卒業、学位が認定される。
  • 1.知識・理解 さまざまな背景や価値観をもつ人と向き合うことができるよう、幅広い教養を身につけ、介護福祉に関する知識を習得している。
  • 2.思考・判断 介護福祉を巡る諸問題を論じ、適切に判断できる。
  • 3.関心・意欲 自己の課題を明確にし 、目標に向かって主体的な学習ができる。
  • 4.態度 専門的職業人に必要な倫理、社会に貢献する姿勢や態度を身につけ、適切な行動ができる。
  • 5.技能・表現 適切な表現能力を有し、介護福祉の問題解決能力を身につけている。