Sさん

秋田県出身/日本赤十字秋田看護大学看護学部卒業

大学院では助産師資格だけでなく修士も取得でき、2年という長い年月をかけて、助産の学習ができることに魅力を感じたことが大学院進学のきっかけでした。妊婦さんが安心して分娩介助を任せてもらえる助産師になるため、当たり前となっている治療や援助に疑問を持ち、メカニズムを理解して援助の是非について考えながら学びを深めていきたいと思います。

Yさん

岩手県出身/岩手県立大学看護学部卒業

母が産婦人科で看護師として働いている姿や妊産婦、褥婦の方々から「ありがとう」と言われている姿を見て、自分も誰かに寄り添い、サポートできるような職業に就きたいと思い、看護を学ぼうと思いました。将来は安心で安全な出産を支援し、また様々な時期にある女性一人ひとりに寄り添い、その人に合ったケアができる助産師になることが目標です。